【猫】ウールサッキング(異食症)の猫と暮らす

猫の問題

 決定的な対策がない猫のウールサッキング(異食症)問題。

 我が家の対策をまとめてみました。(このページは対策ができ次第、その関連項目を都度更新致します。同じお悩みをお持ちの方の参考になれば・・・。また、同じお悩みの方に是非とも相互リンクをお願いしたいです)

 

ん? 主役は僕なのかにゃ!?

 

 対策をすればウールサッキング(異食症)の猫とも楽しく暮らせます(^^♪

 

LDK全体をねこ部屋にする

 

 結論として、我が家は猫の活動範囲をLDKに限定し、LDKを整えることでウールサッキング(異食症)を防いでいます。(正しくは防ごうと努力しています)

 家全体は無理だけど、LDKだけならなんとかね。くろまめの食べるものを排除できます。すまん、そらまめ。付き合ってあげてください。

 

 整うまでに1年近くかかりましたが、整えてしまえば後はKEEPするだけ。

 「帰宅したらくろが○○を食べていてびっくり!」無くなりました。(何度あわてて病院に駆け込んだことか・・・)

 

 甘えたなくろまめ。「ストーカー・くろ」とあだ名されるくらい、尻尾を立てて私にまとわりついてきます。

 ダンナは「あいつのどこがそんなにいいのか、くろが喋れたら聞いてみたいよ!」とまで言う始末。くろさん、ぜひ話せるほど進化してダンナに「○○が素晴らしいにゃ💖」と説教してくれ!

 

 にゃんずのお迎えが決まった時、まずは早急にLDKだけを猫スペースとして整え、慣らしている間に他の部屋も猫仕様にしようと計画していました。

 

 2019年03月24日、待望のにゃんず到着。生後約10ヶ月の保護猫姉弟。 

 

 そんな中、くろまめのウールサッキング(異食症)が発覚。

 LDKから出せない・・・。

 ならLDKをなんとかするしかありません。約1年かかって、LDKからくろが食べられるものを撤去しました。

 

食べたので処分したもの

 

 食べたので処分したもの一覧です

 あった方がいいけれど、無くてもなんとかなるもの。すなわち処分です。

 

タオル類

 2019年07月21日、タオル類を処分。

【猫】猫がタオルを食べる問題
 今回の主役はくろ(くろまめ:2019年8月現在約1歳3か月)です。そら(そらまめ)は友情出演💖 くろですが何か? 2019年08月28日AM  我が家の甘えん坊なビビりくん。最近のお気に入

 とにかく酷かったのでタオル及び毛布は全て処分しました。冬場に毛布は欲しいところですが、そこは厚手フェルトの猫ベットで我慢していただくことに。

 

 最初にLDKから撤収したのがタオル及び毛布です。

 が、タオル及び毛布を処分したことで、それまでは食べなかったものまで食べるように・・・。

 ある意味、ここからが本当の対策スタートとなりました。

 

 タオルと毛布さえ処分すれば、他は食べないわけだしと思っていた私・・・。全然、甘かったです!

 

クッション

 2019年11月18日、クッション類を処分。

 初めのうちは食べなかったのですが、LDKからタオル類を撤去したら食べるようになってしまいました。

 

2019月11月17日

 

2019年11月15日

 

 どうせ食べるなら、はじめから噛んでもオーケーな「噛むおもちゃ」を置いておけばよいのでは?と考えて、置いていたおもちゃです。

 1個が大破しました。危険なので噛むおもちゃもクッションと一緒にリビングから撤収・・・。くろまめ約1歳6か月の秋。元気が有り余っています。

 

猫トイレマット

 2019年11月18日、猫のトイレの前に置いていたトイレマットを処分。

 えっ、これも食べちゃうの!?と驚いたトイレの前に敷いていたトイレマット。だって塩ビですよ!

 

 

 パーツをはめても元の形に戻らない恐怖・・・。

 撤収、撤収、即撤収!! ブラウンとグレイの2枚のトイレマットを処分しました。

 

首輪

 2019年11月中旬。首輪を外して処分。

 2019年10月の終わりくらいから、くろが首輪を外して噛み切るようになってしまいました。何度か続いたので、諦めて首輪を外しました。

 

2019年11月03日

 

 それまでは外すことはあっても、噛み切ることはありませんでした。

 

2019年11月06日

 

 なにがきっかけとなったのかは分かりません。でもこうなると、誤食する可能性もあります。できれば着けていて欲しかったけど、仕方がありません。

 

 マイクロチップは2019年8月に装着済です。

 

・猫トンネル

 2020年03月15日、猫トンネルを処分。

 トンネルも食べますか・・・。よく入っていたし、トンネルダッシュも好きだったのに残念・・・。

 

 やはり猫トンネルが欲しかったので、手作りしちゃいました!

 

 

食べたので交換したもの

 

 食べたので交換したもの一覧です

 無いと困るも、不便なもの。よって処分はできず・・。交換です。

 

キャットタワー

 2019年11月30日、キャットタワー撤去。

 運動不足解消にも役立っていたキャットタワーです。ハウスから顔を出すくろが鳩時計ぽくってお気に入りでした。

【猫】猫がキャットタワーを食べる問題
 「猫のウールサッキング問題」再びです。 主人公は今回もくろまめ! 再びと言うより「度々」になりつつあります((*´Д`) (前述は「猫がタオルを食べる問題」その他記事にもちょいちょい記述有り) いったい全猫様の何

 

 2019年12月14日、猫棚到着。

 キャットタワーが無くなると上下運動が減ります。やはりタワーは欲しい!

 いろいろ調べて木製の猫棚を購入しました。高かったけど、しっかりした造りで今後キャットタワーを買い替える必要は無くなったし、インテリア性も高いので、結果として良い買い物でした。

【猫】猫がキャットタワーを食べる問題の対策(布のタワーを食べるので、木製の猫棚にしてみました)
 「猫がキャットタワーを食べる問題」の対策です。布のキャットタワー今回も主役は僕にゃ!  くろさん、今はなきキャットタワーのガムテ補修された最上段でドヤ顔されても・・・。飼い主は困りますよ・・・。 

 そらもくろも愛用してくれています。

 

床マット

 2019年11月23日、初代床マットを処分。

 2019年11月27日より2代目床マットのお試しスタート。徐々に増やして翌2020年4月に設置完了。

【猫】猫が床マットを食べる問題
 くろまめはご飯以外のものも食べます(>_<) ウールサッキング(異食症)っていうやつです。 タオルから始まってカーテン、クッション、キャットタワー、トイレマット、ダイニングチェアなどなど・・・。よって我が家の基本方

 

 ところで、処分した初代床マットと同じような材質のフェルトハウスがありました。

 定期購読している「ねこのきもち」2019年11月号ふろく、3WAYフェルトハウス。柔らかいフェルトは食べちゃいますね・・・。

 

カーテン

 2019年12月01日、布のカーテンを縦型ブラインドに交換。

【猫】猫がカーテンを食べる問題
 くろまめはご飯以外のものも食べます(>_<) ウールサッキング(異食症)っていうやつです。 タオルから始まって、カーテン、クッション、キャットタワー等々。よって我が家の基本方針は「くろが食べたら即撤去」です。

 

ダイニングチェア

 2020年02月22日、ねこの日にダイニングチェアを交換。LDK最後の大物。

 カーテンが無くなるとくろの標的はダイニングチェアになりました。あっと言う間に椅子はボロボロに・・・。

 

・猫砂

 おからの猫砂は、そらまめもくろまめも食べました。

 2019年08月、おからの猫砂からえんどう豆の猫砂に交換。変えた当初は食べなかったえんどう豆の猫砂。猫砂は月に一度全交換をしているのですが、2020年12月末の全交換後、くろが猫砂を再び食べるようになってしまいました。

 2020年03月木製の猫砂にチャレンジ。木製の猫砂はお好みで無いらしい・・・。

 2020年06月鉱物系の猫砂に変更。

 

交換できなくて困っているもの&欲しいもの

 

 欲しいもの一覧です。

・ケージ屋上猫ベット

 

2020年04月24日

 

 ケージの屋上ベットです。おわかりでしょうか。くろが食べた部分をフェルトで補正してその場をしのいでいます。

 屋上ベットはそらまめのお気に入りの場所。くろが食べれないベットはないものか・・・。

 屋上用なので、軽くてサイズは大きめのもの希望です。

 

・冬用のあったか猫ベット

 毛布やふかふか猫ベットはくろが食べるので置けません。厚手の硬質フェルトなら噛み切れないようなので、いくつかトライしています。

 

 冬用の猫ベッドは防寒なので、ふかふかなものが多いですよね。うちのにゃんずにも、まったりとくるまって欲しい。何かないかな・・・?

 

現在もリビングにあるくろが食べられるもの

 

・ケージ屋上の猫ベット

 前述のケージの屋上の猫ベットは、最近食べていません。でもまた近い将来、食べちゃうと思います。交換したいです。

 

・カラーボークス最下段のシートクッション

 

2020年07月30日

  

 そら姉お気に入りのカラボ最下段のケースの下に敷いている、シートクッション。

 ここはそらしか入りません。だからなのか、絶対くろが食べる対象のクッションを食べていません。(2020年08月30日現在)

 理由は不明です。

 そら姉の縄張りだからか!? 気が付いていないのか!? 

 このまま食べないで欲しいです。

 

・小窓のロールスクリーン

 

 

 小窓のロールスクリーンは、昼間はレースも布も巻き上げています。レースも布もくろが食べてカーテンから縦型ブラインドに変更したものと同じものです。

 

LDK全景

 

2020年08月30日 午前

 

 窓側から見たLDKです。

 キッチンの布巾類はどこに置いてもくろが引きずりおろして食べてしまうので、都度にゃんず立ち入り禁止エリアの洗面所に移動しています。

 

2020年08月30日 昼時

 

 左から食器用の布巾2枚、手拭き用の白タオル1枚、台布巾で計4枚。移動しやすいように、ひとつのハンガーにまとめています。

 

 2020年08月30日 午前

  

 犬の絵でたまにくろがガリガリと爪を研いでいます。爪とぎはたくさんあるのになぜそこで・・・。

 

2020年08月30日 午前

 

 キッチン側から見たLDKです。 

 もともとソファーを使わない生活様式だったのは、不幸中の幸いでした。

 ソファーがあったら、やばかったわ! やられてたわ!!

 

 午前中、そらくろは、窓際のバリバリボウルで並んで休憩中💕

 

2020年08月30日 午後

 

 同じくキッチンはコンロ側から見たLDKです。

 午後です。よく見るとリビングにはダンナが座っていて、その横にくろ。ケージ上のベッドにそら姉がいます。

 

 客観的にみると、布(猫ベット含む)ものが少ない、生活感がある「猫カフェ」の様な雰囲気でしょうか!?

 いや、呑みさん夫婦なので、猫居酒屋か!?

 ともあれ、布類を排しても、人も猫も普通に暮らせる空間です。

 

 ところで異食症とは無関係ですが、テレビ周りの安全について悩み中です。とりあえずペットボトルを乱立させて、にゃんずが裏側に行かないようにしていますが、見栄えが悪すぎる・・・。

 

ウールサッキング(異食症)対策の心構え

 

 人がねこに求めるものは何でしょうか?

 

 かわいらしさ!? 癒し!? 飼いやすさ!?

 

 ねこは人間の都合で生きているわけでも、人間の都合に合わせてくれるわけでもありません。

 

 ねこはねこ。

 

 ねこがねこらしく暮らせるよう、環境を整えるのが飼い主の義務であり責任です。また、それが飼い主の楽しみでもあります。

 

 ウールサッキング(異食症)に決定的な治療法はありません。

 何を食べるのか、なんなら食べないのか。何を排除したら、なにを食べ始めるのか。

 いつ頃(何歳で)始まって、いつ頃終わるのか。

 

 対策はトライ&エラーの繰り返しです。

 

 我が家のにゃんずは人見知りだけど、なんでもよく食べるし、噛み癖もないし、元気だし。なんてったって、かわいいし(^^♪

 

 初めての猫暮らしで正直ビビったけど、なんとかなりそうな気がしてきました。

 ウールサッキング(異食症)も個性の1つと私は主張したいです!

タイトルとURLをコピーしました