【猫】猫が煮物を邪魔する問題

猫の問題

 猫暮らしに適したキッチンは「完全に独立したキッチン」です。

 なぜなら出入り口にドアをつけるだけで、猫の侵入を防げるからです。

 台所には危険がいっぱい! 出来る事なら入って欲しくない!!

 

 独立型キッチンの対極にあるのがオープンキッチン。我が家はコレです。

 

 煮物など、猫暮らし以前は「煮ればいいだけなので楽勝~👌」と思っていました。が、猫暮らしが始まるとそれも一変します。

 

 猫入りたい放題のキッチンだけに、目が離せないのです!!

 

 (他のキッチンに問題はこちら↓↓)

【猫】シンクに猫が入る問題
 我が家のにゃんずテリトリーはLDKです。 つまり、キッチンも彼らのテリトリー。 私がいる時は(怒られるから)シンクやカウンターには上がりませんが、不在時はやりたい放題。レンジフード上から、冷蔵庫の上までも自由自在です。
【猫】猫が冷蔵庫の上に乗る問題
 猫🔰です。よって、冷蔵庫の上に猫が乗ることを想定していませんでした・・・。 足場がない(ように私には見える)ので、冷蔵庫の上は安全だと思っていたのです。お恥ずかしい(>_<) 猫が冷蔵

 

 「紅茶豚」は私史上最長のロングセラー作り置き料理です。20代のアパート暮らしから作り続けている、作り置きレシピなんてこれくらいなものです。

 ダンナにも友人にも好評なので、気を良くして作り続けています。

 

2018年年末の作り置き

 

 作り方は簡単で豚肩ロースのかたまり肉が安売りしている時に買ってきて、紅茶でコトコト煮るだけ。(紅茶はテーパックでオーケー)

 豚肉は熱いうちにひと煮たちした酢醤油(醤油1:酢1:酒1/2:みりん:1/2)に一晩つけておきます。(2018年年末作り置き写真参照)

 あとは切って食べるだけです。

 かたまり肉を煮て(1時間くらいかかる)、しかもその後1晩酢醤油につけるので時間はかかります。でも手間はかかりません。ほったらかし料理です。

 簡単で、盛り付け次第ではごちそう感もでるお手軽レシピだったのですが、猫暮らしのオープンキッチンだと事情が異なります!

 

 そう、コトコトと約1時間くらい紅茶で豚肉を煮ている間、キッチンから離れられないのです。

 

2020年03月09日 朝

 

ん? 僕のせいにゃ??

そうね、正面から攻めてくるくろと、足元からジャンプしてくるそらの事ね!

 

 

 というわけで豚肉を煮込む間は、ダイニングチェアをキッチンに移動して朝食をとります。

 幸い我が家のキッチンの通路は広め。終の住処設定で引っ越してきたので、車いすも大丈夫幅です。

 

 

 台所に椅子を置いて座ってもテレビが見れます。

 ガス台前が強化ガラスになっているのがポイントです。以前のマンションでは壁で、視界が遮られていました。

 

 

 実際、座ってみるとこんな感じです。ダイニングテーブルよりも15㎝以上高いので、多少の食べにくさは否めません。でもニュースがを見ながら朝食がとれるのは助かります。

 ・・・テレビも見れますが、洗濯ものもよく見えますね。生活感満載。いずれはベランダガーデニングを充実させて、視界が緑になる予定ではあります。(予定は未定レベルですが)

 

 

 食べ終わって片付けをしていたら、くろさんがやってきました。じっとこちらを見ています。

 

 

 洗い物がほとんど終わっても、くろさんはどきません。豚肉は酢醤油に漬けました。これを狙っているのか?

 カウンターには乗っちゃダメだよ~ん!

 

 時間がかかる料理をする時は、他に雑誌を読みながらキッチンに座っていたり、録画を見たりと、火に気を付けながらステイキッチンをしています。

 にゃんずは気分なので、必ずしも調理中に台所にくるわけではありません。一定期間興味を示して、しばらくしたら飽きて、また示してを繰り返しているようです。

 また、朝晩はやってくるけど、お昼はだいたい寝ているので安全だったりします。

 

 我が家はこの程度で対応できているのですが、やんちゃなにゃんこの場合には調理中はケージに入れたり、別の部屋に行ってもらったりした方が安全だと思います。

タイトルとURLをコピーしました